センターついて

基本理念


シンボルキャラクター:ペコちゃん

シンボルキャラクター:ベコちゃん

夜間・休日における子どもの急病に対して、良質な初期小児内科の救急医療を提供するとともに、子どもの急病対処方法など子育て支援の啓発事業を行うことにより、神戸市民の安心の子育て・子どもの健やかな成育に尽くします。

基本方針


神戸こども初期急病センターのキャラクター「こんちゃん、どんちゃん、もんちゃん」
  1. 夜間・休日の小児の初期救急医療を365日行います。
  2. トリアージシステムを実施し、緊急度に応じた適切な医療を提供します。
  3. 救急隊・2次および3次医療機関と連携し、小児救急医療の確立に努めます。
  4. 電話相談や子育て支援講座を実施し、育児不安の解消に取り組みます。
  5. 神戸大学こども急性疾患学講座と連携し、小児疾患の疫学調査などに取り組み、地域に発信していきます。
  6. 研修活動を充実させ、職員がスキルアップし、さらにワーク・ライフ・バランスを実現し、組織力のアップを図ります。

このページの先頭へ